臨海斎場RINKAI SAIJO
利用案内(葬儀社の方)

施設紹介
■利用案内(一般の方)
■利用案内(葬儀社の方)
火葬施設
葬儀施設
柩保管施設
利用案内
(PDF形式964KB)
  臨海斎場使用申請書・
副葬品にご注意ください!
(PDF形式232KB)
施設予約システム
斎場組合とは?
施設案内
敷地配置図
平面図
使用料
TOPページ

火葬施設 *
館内は指定場所(2階南側喫煙ブース)以外では全面禁煙です。ご協力をお願いします。
【概要】
火葬炉 10基 台車式です。10基のうち2基は大型の炉です。ランクはありません。
待合室(2F) 8室 洋室。いす席で大人用54脚、子供用2脚。
仕出しの紹介や取次ぎは行ないません。飲物のご用命は売店で承ります。
持込も可です(ただし、残り物・ゴミ類はすべて持ち帰ってください)。
利用時間は、火葬開始時刻から火葬終了までです。
そ の 他 告別ホール(炉前ホール)、収骨室、待合ロビー、売店、喫茶コーナー
駐 車 場 火葬場利用の際の駐車場は、1葬家(喪家)あたりマイクロバス1台、乗用車5台分程度です。  駐車場内では最徐行(20km以下)でお願いします。場内で事故等がありましても各人の責任で対応していただきます。臨海斎場では、一切関知しませんので、鍵のかけ忘れ、事故等のないよう十分注意してください。 また、アイドリングストップにご協力願います。

【利用時間と受付件数】
火葬場の利用時間は午前9時から午後6時です。
着棺からお帰りまで、おおよそ2時間を見てください。

利用予約時間区分 午前9時 午前10時 午前11時 午後0時 午後1時 午後2時 午後3時 午後4時
            
※午後4時は平成29年4月1日より

 予約時間に遅れますと他の利用者の方々に影響があります。式場から出棺される場合も含め、時間をお守りくださいますようお願いいたします。当日の火葬件数の状況によっては、予約時間帯に火葬できないことがあります。
 前時間帯の着棺遅れなどで利用が延びている場合、お待ちいただくことがありますのでご了承ください。
 胎児の火葬は、なるべく午前中の早い時間、人体の一部、分骨だけの場合は、午後の遅い時間をご利用ください。
 収骨容器は無料で提供させていただきます。骨壷、桐箱、風呂敷、覆いのセットで、骨壷には名入れ(当斎場は満年齢を記載)をいたします。不要の場合は予約の際にお知らせください。名入れを希望する場合は、火葬前日の午後1時までに故人の「苗字と名前」「生年月日」「歿年月日」が記載されたものをFAX願います。)

【撮影について】

 火葬施設内や柩台車での移動中など、カメラ・ビデオ等の撮影は、複数の葬家(喪家)の方が利用されるためご遠慮いただいております。ご協力をよろしくお願いいたします。



【お柩】
1. 柩の大きさは、通常炉が高さ48cm、幅56cm、長さ195cm、大型炉が高さ60cm、幅66cm、長さ225 cmまでとさせていただきます。
また、柩保管施設をご利用になる場合は、高さ50cm、幅65cm、長さ210cmまでとさせていただきます。柩保管施設ご利用については、こちらをご覧ください。
2. ご遺骨の損傷、火葬炉設備破損などの原因となる副葬品は、柩の中へ入れないで下さい。(次の表を参照)


柩に入れられないもの

火葬炉設備破損の原因となるもの
(例) 爆発物(缶飲料、スプレー缶、ライター、電池等)
  ガラス製品(ビン、鏡、食器、めがね等)
  金属製品(携帯電話、CD・MDプレイヤー、仏像等)、 カーボン製品(杖、釣竿、ゴルフクラブ、ラケット、竹刀等)、保冷剤、その他危険物


大気汚染(ダイオキシン・ばい煙・有毒ガス・悪臭)の発生源となるもの
(例) ビニール製品(ハンドバック、靴、玩具等)
  化学合成繊維製品(衣類、寝具、敷物等)
  発泡スチロール製品(枕、緩衝材、パッキング等)
  プラスチック製品、その他のもので発生源となるもの(CD、ゴルフボール等)


不完全燃焼の原因となるもの
(例) 果物(スイカ、メロンなど大きな果物類)
  書籍(辞書、アルバムなど厚みのある書籍類、多量の紙を使用したもの)
  大型繊維製品(衣類の納めすぎ、大きなぬいぐるみ等)


その他危険なもの
(例) ガラス製品(めがね、ビン、食器等)
  その他、燃焼に伴い危険なもの

★ドライアイスは最小限にお願いします。
★指輪等の貴金属については、消失に伴う誤解の発生原因ともなりますので、ご遠慮ください。
★ペースメーカー等体内装置医療品は、炉内で爆発しご遺体を損傷するおそれがありますので、必ず事前にお申し出下さい。体内装置医療品をお持ち帰りになる場合は、焼骨確認時に係の者にお申し出ください。お申し出なき場合は、残灰として処分させていただきます。

【火葬当日の流れ】

葬儀社の方は、着棺からお帰りまで立会いをお願いします。
着棺からお帰りまでの流れは、概ね次のとおりです。

1.着棺  葬家(喪家)代表者または葬儀社の方は、受付にて利用手続き及び支払いをしてください。その後、エントランスホールにて使用承認書の提示をしてください。
 火葬前日までに利用手続きをしていただいている方は、エントランスホールにて葬家(喪家)名を申告してください。(利用料金の支払いをしていただいていない方は、納棺後、受付にて支払いをしてください。)
 ご葬家(喪家)・参列者の方を告別ホールにご案内ください。
2.納棺(10分程度)  お棺の小窓を開けての拝顔をしていただき(お申し出がある場合のみ。告別ホールでは棺の蓋は開けないでください。)、お柩を火葬炉にお納めさせていただきます。そしてお焼香、お経等をしていただきます。
 お焼香、お経等が終わりましたら、遺影及び位牌は炉の前の遺影・位牌立てに置いても、2階待合室(会葬者控室)に移動されても構いません。(位牌・遺影は、火葬終了後、焼骨の確認をしていただくときにお返しいたします)。
 会葬者が10人程度であれば面会室にて火葬時間の15分前から10分程度の お別れ(棺の蓋を開けての)をすることが出来ます。
(事前に予約してください。火葬時間毎に2件までとなりますので、ご利用できないこともあります。)
3.火葬(70分程度)

 この間、2階待合室・会葬者控室・ロビー等でお待ちいただけます。
売店では、飲物やお菓子類を販売しておりますのでご利用ください。

4.ご収骨(10分程度)  火葬が終了しましたら、収骨案内放送をいたします。
待合室等からご葬家(喪家)・参列の皆様を収骨室にご案内ください。
(葬儀社の方または葬儀責任者の方は、ご参列の皆様を誘導して下さい。)
葬家(喪家)代表の方は告別ホールにご案内し、焼骨の確認をしていただきます。
その間、その他の参列の皆様は収骨室または収骨ホールでお待ちください。
5.お帰り 収骨が終わりましたら、そのままご帰宅いただきます。
なお、式場利用者に限り初七日を行う場合は会葬者控室にお戻りいただきます。
待合室に忘れ物のないようご注意願います。

◎予約時間に遅れますと、その時間帯に火葬できないことがあります。
◎着棺時、葬儀社の方から葬家(喪家)にお話しいただき了解を得て先にお柩を納めさせていただく場合があります。
◎ご収骨時に葬儀社の方が不在の場合は、その他の火葬に影響が出ますので、そのまま進行させていただきます。
◎ご遺骨は全て骨壺に収めて、お持ち帰りいただきます。
◎待合ロビーは売店・喫茶での購入した軽食及びジュース類以外は、飲食できません。
  (持ち込みの仕出し弁当等とアルコールの飲食はできません。)

利用案内 火葬施設 葬儀施設 柩保管施設