臨海斎場RINKAI SAIJO
利用案内(葬儀社の方)

施設紹介
■利用案内(一般の方)
■利用案内(葬儀社の方)
火葬施設
葬儀施設
柩保管施設
利用案内
(PDF形式964KB)
  臨海斎場使用申請書・
副葬品にご注意ください!
(PDF形式232KB)
施設予約システム
斎場組合とは?
施設案内
敷地配置図
平面図
使用料
TOPページ

葬儀施設 *

住宅事情等により自宅で葬儀を行うことが困難な方のために設けられた施設です。
特別区区民葬儀を希望される方もご利用になれます。
館内は指定場所(2階南側喫煙ブース)以外では全面禁煙です。ご協力をお願いします。


【施設概要】
葬儀式場(1F) 使用時間は午後2時から翌日の午後1時までです。 いす席で70席。
いす、放送設備を備え付けています。放送設備は、司会やご挨拶にお使いいただけます。
放送設備{ワイヤレスマイク2本、卓上型マイク1本、有線マイク1本、マイクスタンド2本(卓上型1本、床上型1本)、CD、MDデッキ(カセットはありません)を備えております。    
司会のご挨拶にお使いいただけますが、読経、賛美歌等には使用しないでください。}
参列者の受付は式場前のホールで行えます。長机・いす等の用意があります。
その他の葬儀備品はありませんので、ご利用になられる側でご用意ください。
葬儀関係事業者による設営資材等の搬出入は、建物の裏から直接できます。
式場内以外では、全ての飾り付けは禁止です。
式場1、2は午前11時までに出棺していただきます。午前11時からの火葬枠となります。
式場3、4は午後0時までに出棺していただきます。午後0時からの火葬枠となります。
式場1、2並びに式場3、4は、それぞれ間仕切りをはずし、一室として使うことができます。
ご使用後は、もとの状態に戻してください。
会葬者控室(2F) 使用時間は、午後5時から翌日の午後4時までです。なお、午後4時から5時の間は清掃作業を行いますので使用できません。
通夜振るまい等の会食、繰上げ初七日法要や会食にご使用ください。なお、通夜振るまいは午後9時までといたします。
仕出し、生花等の企業の紹介や取次ぎは行ないません。飲物のご用命は、売店で承ります(持込も可です)。
テーブル・いす席で大人用64脚、子供用2脚。立食形式で約80人程度。
いすをご利用されるときは、各自でセットし、ご使用後は、もとの状態に戻してください。
式場をつなげて使う場合には、会葬者控室もつなげて使うことができます。
遺族等控室(2F) 使用時間は午後4時から翌日の午後3時までです。
葬家(喪家)・親族の控室です。襖で仕切れば式師の方の控室としても使えます。
10畳と4畳の和室で、通夜の仮眠(仮泊)は5名程度は可能です。
風呂・シャワー、室内トイレ等の設備がありますが、タオル、洗面用具、寝具類はありません。(これらの販売、取次ぎ、朝食のご予約は、売店で承ります。別途手配されても構いません)
テレビ、冷蔵庫、コップ、湯飲み、ポット、急須を備え付けています。調理はできません。(器具の持ち込みもできません。)
更 衣 室
コインロッカー
礼服等を持参された方のために、更衣室を設けました。
コインロッカーは100円ですが、利用後には戻ります。
駐 車 場  1式場あたり乗用車50台分の駐車場があります。
 駐車場内では最徐行(20km以下)でお願いします。場内で事故等がありましても各人の責任で対応していただきます。臨海斎場では、一切関知しませんので、鍵のかけ忘れ、事故等のないよう十分注意してください。 また、アイドリングストップにご協力願います。なお、式場前の駐車はできません。式場前は乗降のみにしてください。

【利用申込み等】
1. 利用予約は、電話で行えます。火葬予約と同時に葬儀式場の予約を行ってください。
臨海斎場の火葬を伴わない葬儀式場の利用はできません。
利用手続きや使用料のお支払いは通夜飾りを始める前に済ませてください。
2. 宗教や宗派による利用制限はありません。
3. 葬儀専用の施設です。葬儀当日の繰り上げ初七日を除き、その他の法要には利用できません。
4. 1式場で複数の方の葬儀を同時に行うことはできません。
5. 4件の葬儀を同時に行いますので、他の利用者に迷惑のかかる行為はご遠慮願います。

【利用上のご注意】
1. 葬儀施設では次の行為はできません。他の方の迷惑にならないよう、ご使用願います。

(1) 葬儀目的以外の寄付、物品の売買行為。
(2) 施設に従事する職員への、金品等心付けの贈与及びそれを誘導する行為。
(3) 待合室、会葬者控室、及び喫茶コーナー以外での飲食。
(4) 施設が用意する案内表示以外の、案内看板等の設置。
(5) 施設が用意する放送設備以外の、放送設備及び拡声器等の使用(ピンマイク等も含む)。
*映像設備等をご使用の場合は、使用前日までに斎場担当者と打合せて承認を得てください。
(6) 葬儀式場以外での生花、果物等御供養品の設置。ただし、会葬者控室での火葬後に行う儀式で御遺骨への生花、果物等御供養品の設置はかまいません。
(7) 敷地内及び施設内の花輪等の設置、提灯類、テント、幕、カーテン等の使用。ただし、葬儀式場内での祭壇飾付用はかまいません。
(8) 花額は式場からの移動中及び炉前では取り外すこと。なお、待合室・会葬者控室に配置することは差し支えありません。
(9) 芳名板は、式場入口の壁に平行に付けて設置し、芳名板の回りを花等で飾ること。
(10) 施設備付以外の冷暖房器具の使用。
(11) 告別ホール、面会室、葬儀式場及び会葬者控室以外でのローソク、線香等火気の使用。
霊安室、葬儀式場及び会葬者控室においても、午後9時〜翌朝7時の間は火気の使用はご遠慮ください。
(12) 施設内壁面、天井、床、備品類への粘着テープ、画鋲、釘等の使用。
※設備や施設を傷つけた場合は、実費をご負担いただくことがあります。
(13) 利用承認施設以外の使用。
(14) 式場前及び車寄せ、駐車場で隊列等を組むこと。

2. 施設外でも、次の行為はしないで下さい。

(1) 道路上及び施設石垣樹木への、花輪・葬儀案内看板類の設置。
(2) 施設周辺道路での違法駐車。
(3) 施設周辺での集団行進や示威行為、また拡声器等の使用。

3. 読経・讃美歌等については、次のお心遣いをお願いします。

(1) 放送設備は使用しないでください。
(2) 楽器等は使用しないようにしてください。どうしても必要な場合は、使用日の前日までに斎場担当者と打合せの上、承認を受けてください。(キリスト教等で使用するオルガン等の場合は隣の式場に迷惑がかからない程度の音量で扉を閉めて行う場合は認めることがあります。)

4. 葬儀式場の使用については、次のことをお守りください。

(1) 受付で使用手続きを済ませ、斎場担当者との打合せ、各室の鍵等の受け取りをしてからご使用ください。
(2) 電気器具を持ち込まれる場合は、3キロワットまでとしてください。
(3) 式場前のホールには花や看板など全ての飾り付けはできません。
(4) 移動した「いす」は、使用前の状態に戻してください。式場内の「木製いす」は外に出さないでください。
(5) 受付用の長机・いす等は式場ホールの一ヶ所にまとめて置いてください。
(6) ゴミ等は持ち込んだ方の責任で持ち帰ることとしています。片付後は、ゴミ等のないようにしてください。
(7) 忘れ物のないよう葬儀式場及び使用された場所の見回りをしてください。
(8) 葬儀関係事業者の担当者は、式場利用終了後、斎場担当者と同行して使用施設の確認をしてください。
なお、原則として、鍵の授受は葬儀関係事業者の方が返還することとし、特別な事情がある場合は、事前に受付に申し出てください。
(9) 式場利用に伴う柩の搬入は、式場裏搬入口を原則としますが、正装されたご葬家の方が同伴する場合は、式場正面出入口からの搬入も可能です。
(10) 式場での納棺(ご遺体を棺に納めること)はできません。ご自宅などで納棺できない場合は、柩とご遺体の同時着棺に限り納棺室・保管室での納棺ができます。事前に連絡をお願いします。
(11) 式場内での飲食は一切禁止します。

5. 会葬者控室の使用については、次のことをお守りください。

(1) いすは、1か所に置いてありますので、使用される場合は各自で配置してください。
(2) 通夜振るまいは、午後9時までに終了するようお願いします。
(3) 夜間使用後は、飲食物は片付け、机は雑巾拭きをしておいてください。食物等が床に落ちていないように。
また仕出料理は、利用日の当日にゴミを含めて持ち帰ってください。
(4) 収骨後の法要等をするときは、ローソク・線香等火気にご注意願います。仕出料理は、ゴミを含めて持ち帰ってください。
(5) いす・机は、使用後は元の位置に戻しておいてください。初七日等で使用する場合は、午後4時までとし、 使用後は次の方のために、いす・机等は元の位置に戻しておいてください。

6. 遺族等控室の使用については、次のことをお守りください。

(1) 午前0時から午前8時までの夜間受付出入口は、機械警備となります。
(2) 禁煙です、火の元には十分ご注意願います。(調理器具等の持込みはできません。)
(3) 盗難、紛失等の責任は負いかねますので、貴重品等の扱いにつきましては、十分ご注意をお願いします。
なお、施設では貴重品のお預かりはしていません。
(4) 持ち込んだ飲食物の残り物及びゴミ類はすべて持ち帰ってください。

利用案内 火葬施設 葬儀施設 柩保管施設