臨海斎場RINKAI SAIJO
よくある質問

施設紹介
斎場組合とは?
  操作説明書
  (PDF形式860KB)
  よくある質問
  施設予約システム利用者
  登録申請書
  (PDF形式52KB)
斎場組合とは?
施設案内
敷地配置図
平面図
使用料
TOPページ

施設予約システム全般について *
Q
施設予約システム導入の目的は何ですか。
A
利用者・葬儀事業者の方々の利便性の向上を目的としています。
Q
施設予約のほかに何ができるのですか。
A
予約内容の照会、空き状況の照会、パスワードの変更ができます。
予約内容の照会、空き状況の照会とも、音声またはファックスで行えます。   
Q
どのようにして予約するのですか。
A
専用番号03-5755-2834に電話し、音声ガイダンスにしたがってダイヤルすることで施設の予約が行えます。
Q
どのような電話機でも使用できますか。
A
ご使用の回線によりますが、プッシュ式電話機、ダイヤル式電話機、携帯電話機に対応しています。操作しても反応がない場合にはトーンボタンを押す必要があります。
Q
利用時間帯はありますか。
A
24時間利用できます。
Q
施設予約システムの利用に必要なものはありますか。
A
当斎場への登録、パスワードが必要です。また、予約内容をファックスで送信しますので、ファックス機が必要です。
Q
どのような情報を登録するのですか。
A
名称、住所、電話番号、ファックス番号を登録し、登録番号、パスワードを設定します。
Q
登録はどのようにすればよいのですか。
A
当斎場ホームページから登録申請書をダウンロードするか、受付窓口へお申し出ください。
Q
登録番号、パスワードの変更はできますか。
A
登録番号の変更はできませんが、パスワードの変更はシステムで行えます。
Q
登録番号、パスワードに有効期限はありますか。
A
ありません。変更後のパスワードも同様です。
Q
登録等はすぐにできますか。
A
登録申請書提出後、30分程度で登録できます。
Q
個人での利用はできないのですか。
A
受付窓口03-5755-2833でお受けします。
施設利用について *
Q
施設予約システムで予約すれば施設の利用ができるのですか。
A
予約できるのは、利用する月日・時間帯です。施設利用には、これまでどおり、使用申請書と火葬許可書等が必要です。
Q
使用申請書は受付窓口まで取りに行くのですか。
A
予約後に送信する予約内容を記載したファックスが使用申請書を兼ねています。必要事項を記入し、受付窓口へ提出するか、03-3790-5866へ送信してください。
Q
使用申請書はいつまでに提出するのですか。
A
予約日の翌日中に提出してください。提出されない場合は予約を取り消します。
Q
使用料の支払いに変更はありますか。
A
変更ありません。
予約サービスについて *
Q
全ての施設が予約できますか。
A
火葬、火葬待合室、葬儀式場(式場・遺族控室・会葬者控室)、面会室が予約できます。棺保管は、このシステムでは予約できません。
Q
棺保管の予約はどうすればよいのですか。
A
03-5755-2838で予約してください。使用申請書は、このシステムで予約した施設のものとは別に提出してください。
Q
予約されたことをどのようにして確認するのですか。
A
電話の最後に予約番号が発行されれば、予約は完了です。
Q
予約内容の確認はどのようにすればよいですか。
A
予約電話終了後に送信する予約内容を記載したファックスで確認できます。 予約番号(ファックス左下に表示)により、音声またはファックスで照会もできます。
Q
予約番号とは何ですか。
A
電話予約1件に対して予約番号が発行されます。予約番号で、予約取消、予約内容照会を行います。火葬と葬儀式場を予約しても予約番号は1つです。
Q
予約内容確認のファックスはどこに送られるのですか。
A
登録したファックス番号に送信します。登録した番号以外への送信はできません。
Q
予約内容を記載したファックスが送られてこない場合はどうすればよいですか。
A
予約内容照会(FAX)で同じものが取り出せます。
Q
予約番号がわからなくなったときはどうすればよいですか。
A
受付窓口03-5755-2833へご連絡ください。
Q
窓口での予約はできますか。
A
受付窓口ではお受けできません。個人の利用を除き、当斎場の施設予約は、本システムをご利用ください。
Q
施設ごとに電話をかけ直すのですか。
A
1回の電話で必要な施設の予約が完了します。
Q
葬儀式場(火葬待合室、面会室)だけの予約はできますか。
A
できません。火葬を含むその他の施設の予約をしてください。
Q
どれくらいの時間がかかりますか。
A
3分程度です。
Q
利用日の何日前まで予約できますか。
A
火葬は利用前日の午後3時まで予約できます。ただし、葬儀式場(式場・遺族控室・会葬者控室)がある場合には、火葬も含め3日前までです。
Q
式場の指定はできますか。
A
できません。
Q
2つの葬儀式場を一室として利用するにはどうすればよいですか。
A
葬儀式場を含む火葬の予約を2回行ってください。一室として使用できる式場は、第1と第2(11時火葬)、第3と第4(12時火葬)ですので、空き状況を確認のうえ予約してください。
予約の取り消しについて *
Q
予約の取り消しはいつでもできますか。
A
施設予約システムからの取り消しはできません。 予約を取消す場合は、使用申請書の注4取消欄に必要事項を記入のうえ FAX 送信した あと受付窓口 03-5755-2833(8:30〜17:00)にご連絡ください。
Fax:03-3790-5866
Q
予約取消では全ての施設の予約が取り消されるのですか。
A
予約した全ての施設が取り消されます。
Q
予約した施設の一部を取り消すことはできますか。
A
一部の予約を取り消すことはできません。もう一度新しく予約しなおしてください。
その他のサービスについて *
Q
音声での予約内容照会で何ができますか。
A
予約番号を入力し、予約内容の確認ができます。
Q
ファックスでの予約内容照会で何ができますか。
A
予約時に送信されたファックスと同じものが送信されます。
Q
音声での空き状況照会で何ができますか。
A
確認したい月日を入力し、使用できる火葬時間帯、葬儀式場が確認できます。
Q
ファックスでの空き状況照会で何ができますか。
A
照会した日の翌日から2週間分の時間帯ごとの火葬、葬儀式場、面会室の空き状況が、ファックスされます。
操作について *
Q
入力はどのようにするのですか。
A
電話のダイヤルを押して入力します。月日・時間は2桁ずつ、コードは1桁で入力し、入力の区切りとして「♯」を入力します。4月1日の場合は0401♯、9時は09♯と入力します。予約番号の0(ゼロ)は省略できます。
Q
操作説明書はありますか。
A
臨海斎場ホームページhttp://www.rinkaisaijo.or.jp/ からダウンロードできます。
Q
操作に必要なものはありますか。
A
操作説明書、入力パターン一覧表をお手元に用意して操作してください。
Q
操作説明書、入力パターン一覧表がないと操作できませんか。
A
全体の流れをつかむには操作説明書が便利です。慣れると入力パターン一覧表のみで簡単に操作できます。
Q
音声ガイダンスは最後まで聞く必要がありますか。
A
ガイダンスが流れている途中でも操作できます。
Q
間違ったコードを入力した場合にはどうなりますか。
A
「認識できませんでした」のメッセージが流れます。正しいコードを入力し直してください。3回間違うと電話は切れます。
Q
途中で操作がわからなくなった場合にはどうすればよいですか。
A
「77#」を入力すると、使用月日入力まで戻ります。
Q
途中で電話を切るとどうなりますか。
A
それまでの入力は全て無効になります。